……ここまでさんざん、「彼女」自身の想いについて書いてきた訳だが、ゲーム中でX-LAYを操縦しているのは、間違いなく私たちプレイヤーなのであって――(作戦エリアに放り込んで何も操作しないでおくと、弾か敵に当たって死ぬ。実験済)、ではその間、「彼女」はどうしているのだろうか、という事に考えが至った。
 ライナーにはこうも書いてある――〈私自身も知らない指示がどうやら、私の中にIN PUTされているらしく、もう自分で自分を制御する事ができない。〉
 その、「彼女」自身も知らない指示をIN PUTして、X-LAYを制御しているのが、他ならぬ、プレイヤー自身なのだとしたら―――!?
 ……もしそうなのならば、このゲームにおいて、本当にプレイヤーのなすべき事は何なのだろう。
 自分1人では、決して戦場に足を踏み出せない代わりに、踏み出してからは、全面的に私たちを信じ、生命までも預けて、応えてくれている「彼女」の為に――せめてして返してあげられる事は、何なのだろう。
 本星に突っ込んだ状態で、「彼女」を死なせてしまうのは最悪だ。その亡骸は、彼女を求める星にたどり着けずに、機械の動き回る場所で、朽ち果てる事になる。
 それならば、本星の重力に引っ掛からない1面~2面前半で、全滅しておいた方がいいのだろうか? それとも逆に、コン・ヒューマンを倒してあげて、「彼女」が自ら死を選ぶのを、みすみす眺めているしかないのだろうか? ――あるいはいっそ、〈待機中(ON STANDBY)〉のまま、永遠にそっとしておいてあげるべきなのだろうか?
 ………正解(こたえ)は見えない。
 1コインクリアは果たしたものの、ノーミスにはまるっきり及ばない、非力な私にできる事は、ミスをするたびに、「彼女」の苦痛のほんの一部を分かち合う事と――総てが終わった後で、「彼女」の許へ飛んでいって、サイボーグだろうがアンドロイドだろうが、その冷たい亡骸を、涙を流しながらぎゅっと抱き締めて、それから、永劫の彼方に向かって、送り出してあげる事だけだ。
 ―――例えば、こんな風に。

いいね!
いいね! 0
Loading...
Pocket


コメントを残す