小蕪がかつて「新宮智子」の名でゲーメスト等のゲーム雑誌に投稿した、レイフォース関連の作品をまとめてみました。当時を知る方なら、目にしたことがあるものかもしれません。
ゲーム未経験であった小蕪がレイフォースを愛し抜き、名も無き「彼女」の想いを追い求め、1コインクリアを果たすまでに至った、並々ならぬ想いの数々をご覧ください。

 

左利きのレイフォーサー

ゲーメスト/コインジャーナル共催・第7回ゲーム懸賞論文にて入選、後日ゲーメストに掲載されたものです。
略称「L.H.R.F.(Left-Handed Ray-Forcer)」。「左利きのレイフォーサー」新宮智子の名を世に知らしめた、出世作です。レイフォースというゲームに出逢い、愛するようになったことで得た、ゲーマーとしての誇り。困難に立ち向かう情熱と向上心の素晴らしさを熱く語ります。(1994/4)

左利きのレイフォーサー
(枚数無制限バージョン)

懸賞論文の字数制限に引っかかって、泣く泣く切り落としたフレーズを、全て詰め込んだ完全版。仲間と出会えた喜びも込めて、さらに熱く語ります。

524日目の祝福(セレブレーション)

ゲーメストに投稿、惜しくも没となった作品。ゲーム未経験の当結社主宰がレイフォースというゲームを愛し、ついに1コインクリアを果たした時の感動を綴っています。「私がこうまでレイフォースを愛し抜き、やり込み続けてクリアした、という事実だけは、誰がどんな力をふるおうとも、絶対に覆す事はできない!!」(1995/12)

「伝えたい…『彼女』の想い」

ゲーメストEX掲載作。「新宮那智」名義。OPERATION RAYFORCEに向かった女性パイロットの想いを知るために始めたレイフォース。このゲームは、決して悲劇ではない。レイフォースを、そして移植作である「レイヤーセクション」を通じて「彼女」の想いをより多くの人に伝えたい、という気持ちを綴ります。(1996/4)

――なお、件の基板は、全一プレイヤーさんの基板のピンチヒッターとして、現在エアタワで稼動中(笑)。
アキバでHeyもいいですが、エアタワにも足を向けて頂けたら嬉しいです(^^)

ゲームを愛せた、ただ一度だけの奇跡

ファミ通読者インプレ未掲載入選作。
平たくいえば「没」ですが、誌面に名前が出ただけでも御の字。
ゲーム未経験だった小蕪が高難度で知られるレイフォースと出逢い、1年10ヶ月の苦闘の果てに1コインクリアを果たすものの、プレイを断念せざるを得なくなるまで。レイフォースというゲームを愛することができた奇跡。

「なにげなく見送ったうしろ姿が ただ一度だけの愛と気づいた あの日」――

「拝啓 ハイテクランド代々木のレイフォース様」

ゲーメスト没投稿>復活掲載。
小蕪がレイフォースをプレイし続けるために通った「ハイテクランド代々木」。様々な思い出と共にあったレイフォースがそこから姿を消した時の悲しみを、手紙形式で綴っています。レイフォースというゲームを愛し抜いたからこそ書ける、別れの手紙。今なお、産まれてから2番目に悲しかった出来事です…… (1997/7)

名前も知らない君へ

セガサターンマガジン掲載作。
投稿先が「S級ラブレター」というコーナーで、「女が女にラブレター書くのも…」との理由から「新宮那智」名義。
レイフォースのデモ画面に出てくるだけの、名前すらない女性パイロットに語りかけます。「彼女」の死をキリストの刑死になぞらえて、あれは「人類の罪」を贖うためだったのかと……。
遺書」に対する那智からの返答でもあります。(1997/7)

「実相観入の宇宙」

ザ・ベストゲーム2 ―アーケードビデオゲーム26年の歴史(ゲーメストムック Vol.112)掲載作。
「レイフォースは悲劇ではない」……パイロットの女性への想いを軸に、奥行きのある画面構成、BGMなどレイフォースというゲームの素晴らしさについて述べています。投稿時は無題でしたが、担当氏の天上的なセンスの高さには感服せざるを得ません。(1997/9)