さて、外伝といーながら書く時には「5番」と呼んでいた(笑)、SPACEWALKER -宇宙遊泳者- であります。時間的には、仮説3が一番手前にあって、その後アンドロイドが戦いに行った場合が仮説1、サイボーグが戦いに行った場合が仮説2で、自力では行けなかった場合が仮説4、そして4番の後に続くのが5番だった訳です(あぁややこしい)。
 
 ……確かにエンディングからは逸脱しています。パイロットが感動的に死んでナンボのレイフォースで、生存説だなんて、逸脱もいーところです。けれど──完全に逸脱している訳では、実は、ありません。と、言うのは、2人同時プレイでエンディングまで行っても、1P側のみクリア時と同じエンディングが流れるだけ(2P側のみでクリアした場合は青いX-LAYが出ますが)で、2P機は影も形も登場しないのです。
 
 私が2P側パイロットに関して考えていたことは、2つありました。1つは、彼女(一般には男性説が多いようですが……)には、「もう1人の『彼女』」であってもらいたかった、ということ(全くの個人的な趣味)。そしてもう1つは、戦いに疑問なんか持たない戦闘マシーンだったんじゃないか、ってこと……。1Pでプレイしながら「彼女」の想いを考える奴はいても、2Pでプレイしながらパイロットのことを考える奴は多分いない、というのがその理由。稼ぎを意識するプレイヤーさんに、2Pでプレイするケースが多いように見受けられましたし。性能的に何か違いがあるんでしょうか? おばちゃんには分かりませんでした。(で、そーゆープレイヤーに限って、タコミスすると捨(ECM)) それと、エンディングでのX-LAY、あれはどう見ても、逃げようとしていません! むしろ、あえてその場にとどまろうとしているようにさえ見えます。「彼女」には、そこにいなければならない理由があったのです。何故──!?
 
 〈のぞみ〉も〈あさかぜ〉も〈ひかり〉も、もちろん〈つばさ〉も救えない。でも〈こだま〉だけなら救える……!! この目的のために、これらの要素を考え合わせた結果、「1Pが2Pを救うために楯になった」という設定が生まれた訳です。動かない1P機の背後、画面外左斜め上に、2P機がいたと思いねェ! ──仮説2からこっち、伏線を張って張って張りまくって、ようやくここまでたどり着きました(何が伏線だったのか分からなかった人は、もう1回最初から読み直せ♥)。クライマックスを書いた時、私は恥ずかしながら、涙でワープロのキーボードが見えなかったのですが、読者様方はいかがだったでしょうか……?(「別にィ」なんて言われたら、違う意味で泣いちゃうぞ(滅))。
 「プレイヤーの数だけパラレルワールドがあるのが理想だと思います。」(開発者様のお言葉:レイストームムックP.162より)──1つくらいは、掟破りのハッピーエンドになってしまうレイフォースがあっても、いいでしょう?(ちょっとだけびくびく) 。

いいね!
いいね! 0
Loading...
Pocket


コメントを残す