G・R・A・V・I・T・Y……
G・R・A・V・I・T・Y……
G・R・A・V・I・T・Y……
G・R・A・V・I・T・Y……
オルゴールのねじを回して、お気に入りの曲を奏でてみる。
そのタイトルを、「G」という。
自分で勝手に付けた歌詞を、小さく口ずさみながら――
 
 ♪遠い旅の果て あの星に私がたどり着けたら
  ああ 光る粒になり 降りしきるの 雪のように
 
G・R・A・V・I・T・Y……
G・R・A・V・I・T・Y……
――願い事を唱える暇もなく、窓を流れ星が一つ通り過ぎていった。
 
 ♪遠い旅の果て あの星に私がたどり着けたら
  ああ 光る粒になり 降りしきるの 雪のように
  私を呼ぶ力に 引かれるまま宇宙(そら)を漂うの(私の想いが上り詰めてゆく)
  そう 身体(からだ)消え果てて 高みと一つに融け合う……まで……
 
不意に、忌むべき未来が胸をよぎる。
何処かの惑星の砂地に叩き落とされて、朽ち果てる予感。
G・R・A・V・I・T・Y……
G・R・A・V・I・T・Y……
G・R・A・V・I・T・Y……
G・R・A・V・I・T・Y……
くれぐれも、機械仕掛けの偽物の重力に、
捉まることだけはありませんように。
 
 ♪迷うこともなく あの星に私はたどり着きたい
  ああ 宇宙に流されて 星の狭間 くぐり抜ける
  どれだけかかろうとも 長い長い旅を終わらせて(再び上り詰める想い)
  気が遠くなるほどの 彼方で私を待ってる……夢……
 
そして――すべてが小さな分子に分解された肉体は、
一番強い力で私を求め続けてくれた星にたどり着く。
音もなく静かに、まるで雪のようにきらきらと降りしきる、至福の瞬間……!
 
 ♪大いなる光 私を迎え入れてくれる いつか――
 
私の願いが叶う日は、哀しいけれどまだあまりに遠い。
それでも、その時がいつか訪れてくれることを強く信じて、
私は、今日も戦い続ける。
 

いいね!
いいね! 0
Loading...
Pocket


コメントを残す